カモガヤ 陽地の春〜夏の開花植物

 

改修道路縁の群生 14年5月30日
 
歩道の植込みの群生 10年5月17日
 
道ばたの一株 04年5月29日
 
穂(花序)の一部 10年5月17日
小穂 同左 右の目盛単位:0.5mm
 
 科 属 名
イネ科カモガヤ属
   別    名
オーチャードグラス
 英      名
orchardgrass
 学    名
Dactylis glomerata L.
日本と世界の分布
北海道〜九州、ヨーロッパ他
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、草原など
   開  花  期
5〜8月
 メ      モ
ヨーロッパ原産の帰化植物。多年草。オーチャードグラスの名で呼ばれている重要なイネ科牧草です。 現在では全国的に野生化しており、この辺りでも近年、1・2段目画像のように道ばたや草原などで見かけるようになりました。1段目画像の群生は、道路改修時にカモガヤの種子を含んだ吹付けがなされたものと思われます。
高さ40〜120cmで、そのうち円錐花序は高さ10〜30cm。稈は中段画像のように株元から多数出て叢生します。
下段左画像の紫色の部位は葯の色です。同右画像の小穂の先に伸びている黒紫色のものも葯です。小穂は扁平で、 当該画像の右側が第1苞頴、左側が第2苞頴で、なかに二つの小花が見えますが、小花数は普通3〜6個とされています。 

「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back next list home flora