オニウシノケグサ 陽地の春〜夏の開花植物

 

稲荷川堤上道端の群生 15年5月18日
 
道ばたの個体15年5月9日   
 
葉耳縁の短毛05年5月17日 
 
穂(花序)の一部 同右
小穂 15年5月20日
 

上段画像と隣接地の残雪中のオニウシノケグサ株 13年1月24日
 
 科 属 名
イネ科ウシノケグサ属
   別    名
トールフェスク
 英     名
tall fescue
 学    名
Festuca arundinacea Schreb.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、ヨーロッパ他
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、草原、川堤など
   開  花  期
5〜8月
 身近な類似種
ヒロハウシノケグサ
 メ      モ
ヨーロッパ原産の帰化植物。トールフェスクの名で、牧草や法面保護植物として利用されているイネ科の多年草 です。
稈は高さ40〜180cm。2段目画像のように株元から多数の稈を出し叢生します。全国的に広く野生化しており、この辺りでも道ばた、川堤の通路沿いなどにネズミムギとともに群生しています。
類似種のヒロハウシノケグサは、葉耳の縁が無毛であるのに対し、オニウシノケグサ は3段目画像のように短毛が並びます。そして花序の対になった枝のうち、ヒロハウシノケグサは短い方 が1〜3個、長い方が3〜10個であるのに対し、オニウシノケグサは同じく3〜数個、数個〜20個の小穂がつくとされています。しかしヒロハウシノケグサは身近では はっきりしません。

「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back next list home flora