オオキンケイギク 陽地の夏の開花植物

 

道路中央分離帯の群生 14年5月30日
 
公園の土手の群生 13年6月7日   

 

 
市街地空地と歩道の群生 13年5月23日
 

駐車場の周りの群生 13年6月7日
 

頭花 同上
 

総苞片・花床・筒状花・舌状開 13年6月9日
 
 科 属 名
キク科ハルシャギク属
 学    名
Coreopsis lanceolata L.
日本と世界の分布
北アメリカ原産の帰化植物・北海道〜琉球に自生
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
空地・道ばた・草地・道路法面など
 開 花 期
6〜7月
 メ      モ
1880年代に輸入された観賞植物で、ガーデニング・ワイルドフラワー・緑化に用いられてきました。その後逸出し、現在は全国的に分布を広め、在来種を駆逐しています。外来生物法制定に伴い、「特定外来生物」に 認定されました。
再生力が強く刈り取りに耐え、種子は数年生存するために根絶困難とされています。ロゼット状で越冬し、この辺りでも1〜4段目画像のように 道路の中央分離帯・道ばた・空地・駐車場周り・草地などに群生しています。
は高さ30〜70cm。は対生、一部互生、根生葉は長い柄があり、3〜5小葉からなります。茎葉は狭倒披針形です。
頭花は径5〜7cm。5・6段目画像のように筒状花・舌状花ともに橙黄色です。6段目画像のように総苞片は2列に並び、外片は8〜10個 、草質で開出し、花床には長さ5〜8mmの細長い隣片があります。

「外来生物法」の「特定外来生物」指定種。

back

next

list

home

flora