オカトラノオ 陽地の夏の開花植物

 

草原 04年7月3日
 
花序とツマグロヒョウモン? 99年7月18日 
 
横へ傾いた花序 11年6月25日
 科 属 名
サクラソウ科オカトラノオ属
 英    名
gooseneck
 学    名
Lysimachia clethroides Duby
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国
 生 育 型  
多年草
 生 育 場 所
土手、草原など
 開 花 期
6〜7月
 身近な類似種
ノジトラノオヌマトラノオ
 メ      モ
日当たりのよい土手や林縁の草地、草原などに生える多年草。茎は地中をはう長い地下茎から直立し、高さ60〜100cmで、茎と葉柄の付け根が赤味を帯びます。
上の画像のように花序は傾き、一方に偏って花をつけます。類似種のヌマトラノオ(花序が直立)は湿った場所、ノジトラノウはオカトラノオと同じ所や 、やや湿った場所に生育します。この辺りでは生育場所が限られています。
11年7月5日に下段の画像を追加しました。

back

next

list

home

flora