メリケンムグラ 陽地の夏 の開花植物

 

公園の芝生での群生 10年8月16日
 
;右側に突き出た糸状のものは2裂した柱頭 同上
 
果実 ;頂端の2本の線形のものは宿存がく  同上

 

 科 属 名
アカネ科オオフタバムグラ属
 学    名
Diodia virginiana L.
 英   名
Virginia buttonweed
日本と世界の分布
北アメリカ原産、本州(神奈川県)〜九州に帰化
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
水田の畦や川原の湿地など 
   開  花  期
7〜8月
 身近な類似種
オオフタバムグラハナヤエムグラ
 メ    モ
日本の帰化植物(平凡社)では関東地方(神奈川県以西)〜九州に帰化となっていますが、この辺りでも2010年はじめて確認されました。
は高さ10〜80cmで、根際から四方に広がり上段画像のように匍匐し、先が斜上します。茎には2・3段目画像のように 下向きの細毛が生えています。は対生、広線形〜線状披針形で先が尖り、長さ3〜6cm、幅5〜15mm、縁に剛毛があります。
がく裂片は下段画像のように2個、線形から線状楕円形で長さ5mm位で、果実の成熟期まで残ります(宿存がく)。花冠の筒部は2段目画像のように細長く1cmほどで、先は4裂し、内側に細毛が生えています。雄ずいは4個、雌ずいは1個で、柱頭は2段目画像のように糸状で深く2個に裂けており、花冠の外へ突き出ています。
果実は乾果(熟した時に乾燥する果実)、下段画像のように楕円形で、長さ6〜8mmです。
back next list home flora