オオフタバムグラ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

道ばたの群生 14年9月12日
 
土手の草地の群生 06年9月9日 
 

茎と花 14年9月12日 

 

04年9月1日 

果実 04年9月16日  

 

 科 属 名
アカネ科オオフタバムグラ属
 学    名
Diodia teres Walter
 英   名
poorjoe, buttonweed
 別   名
タチフタバムグラ
日本と世界の分布
北アメリカ原産、宮城県〜九州に帰化
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
海岸・川原・道端の草地など 
   開  花  期
7〜9月
 身近な類似種
ハナヤエムグラメリケンムグラ
 メ      モ
北アメリカ原産の1年生帰化植物。1927年東京郊外で最初に発見されたそうですが、現在は本州〜九州に広がっています。この辺りでは最近、道路工事の現場や道端(上段画像)で見かけるようになりました。
全体にの目立つ植物です。は直根性で主根が針金状 をしています。は高さ10〜50cm、短毛が密生し、下部から分枝します。
は3段目画像のように対生し、広線形〜線状披針形で先が尖り、長さ1〜4cm、幅2〜4mm、柄はなく、両面に硬い毛あります。縁には画像のように刺状の微毛があります。
は画像のように葉腋につき、花冠は淡紅色(2段目画像・下段左画像)または白色(3段目画像)で、長さ4〜6mm。雄ずいは4本、雌ずいは1本です。
果実は乾果(熟して乾燥する果実)で、下段右画像のように倒卵形で、先に緑色の4個のがく裂片が残ります。この画像で、果実の基部から伸びている褐色の長い刺状の毛は4mm程の長さで 、托葉から伸びたものです。

「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back next list home flora