イヌホウズキ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

田んぼの畦の株 15年7月30日
 

畑地の株 05年8月16日

花序 同上
 

果序と果実 15年7月30日
 

種子 目盛:1mm 同上
 
 科 属 名
ナス科ナス属
 英    名
black nightshade, fox-grape
 学    名
Solanum nigrum L.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、世界の温帯〜熱帯
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、土手、田の畦、畑、樹園地など
   開  花  期
6〜10月
 身近な類似種
アメリカイヌホウズキオオイヌホウズキケイヌホウズキ
 メ      モ
畑や道ばたに生える1年草(1・3段目画像)。茎はやや角ばり、枝分かれし高さ30〜100cm。同上画像のように葉柄のつけねより少し上のところから花枝を出し、散形状に5〜12個の白い花(稀に淡紫色)を咲かせます。
この辺りでは最近アメリカイヌホウズキオオイヌホウズキがふえており、 後者がイヌホウズキより 多くなっています。これらの違いは微妙で、神奈川県植物誌(2001)の検索表によれば次ぎのようです。   
イヌホウズキ 「花冠は基部まで切れ込まず、直径8〜12mm。種子は長さ約2mm。果実中に球状顆粒は含まない」。 上段画像は花冠は径8.0〜9.5mm、葯長2.0〜2.5mm、下段画像の種子長2.0mm。
アメリカイヌホウズキ「花冠は基部近くまで切れ込み(3段目画像)、直径4〜6mm、裂片は巾狭い。種子は長さ1〜1.5mm。果実中の球状顆粒は4〜10個。花序は散状に1〜4花。葯は長さ1〜1.5mm、花柱は長さ2〜3mm」。
オオイヌホウズキ「花冠は基部近くまで切れ込み、直径8〜12mm、裂片は巾狭い。種子は長さ1〜1.5mm。果実中の球状顆粒は4〜10個。花序は5〜8花。花数が多くなると 、基部の小花序1〜2個は離れてつき、やや総状。葯は長さ2〜3mm、花柱は長さ4〜6mm」。                                    
back next list home flora