オオイヌホオズキ 陽地の夏〜秋 の開花植物

 

道ばたの群生 15年6月15日
 
上部の葉と花序等 03年8月8日 
 

花序の一部 15年8月9日

右目盛1mm 同左
 

果実 15年6月24日
 
 

 

 

種子と顆粒 1目盛0.5mm 03年8月17日
 
  科   属   名
ナス科ナス属
 学    名
Solanum nigrescens Mart.et.Gal.
日本と世界の分布
 
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
市街地、道ばた、空地、畑地、田の畦、林縁など
   開  花  期
7〜9月
 身近な類似種
アメリカイヌホオズキイヌホ オズキケイヌホオズキ
 メ      モ
南アメリカ原産の帰化植物。この辺りでは最近、道ばた(上段画像)や畑地の周りなどで増加しています。
2段目画像の集団は草丈60〜100cm。3段目画像のように花序は5〜8花花冠が基部近くまで切れ込み、直径8〜12mmで す。
果実内には種子と共に、下段右画像のような球状顆粒が4〜10個あります。
アメリカイヌホオズキとオオイヌホオズキとの違いは前者のページで説明しています。
back next list home flora