カワラナデシコ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

林縁の土手 04年7月31日 
 
05年9月2日 
 
 科 属 名
ナデシコ科ナデシコ属
 別    名
ナデシコ
 学    名
Dianthus superbus L. var. longicalycinus (Maxim.) Williams
日本と世界の分布
本州〜九州、朝鮮・中国・台湾
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
山地や平地の日当たりのよい草原・河原など
   開  花  期
7〜9月
 身近な類似種
ハマナデシコ
 メ    モ
山地や低地の日当たりのよい草原や河原にはえる多年草。茎は30〜100cm、上部分枝します。 葉は線形で、粉白色をおび基部は茎を抱きます。花は上左の画像のように枝先にまばらにつき、淡紅紫色で径3〜4cm。5枚の花弁の縁は羽状に深く切れ込み、下部に深紅褐色のひげ状の毛があります。がく筒は長く2〜4cm、苞は3〜4対あります。雄しべは10本、花柱は上右画像のように2本です。
この辺りでは林縁の草原の土手に細々と生育しています。「牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧IB類」に位置づけられています。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「準絶滅危惧」

 

 

back next list home flora