カラムシ 陽地の夏〜秋の開花植物

 

土手の群生 15年9月30日
 
住宅地周囲空地の群生 14年9月23日
 
葉と花序 03年9月13日 
 
茎上方の葉裏の綿毛と脈上の開出毛 07年7月13日
 
葉柄の短毛 13年10月12日
 

雄花序 14年9月23日 

雌花序 同左
 

雌花序の一部 白色の部位は雌花の柱頭 15年10月10日 
 
 科 属 名
イラクサ科カラムシ属
 別     名 マオ・クサマオ
 学    名
Boehmeria nipononivea Koidz. 
日本と世界の分布
本州〜琉球、アジア東部〜南部
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた、荒地、土手、林縁など
 開 花 期
7〜9月
  身近な類似種
ナンバンカラムシメヤブマオヤブマオ
 メ      モ
茎の靱皮繊維が長く丈夫なため、繊維を利用する繊維作物として昔から栽培されていたものが逸出、野生化したと考えられていますが、帰化種か否かは定説がないようです。この辺りでは、道ばた・土手の草地(上段画像)・ 空地(2段目画像)・林縁などに群生しています。
は1〜1.5m。は互生、広卵円形で、上方の葉の裏側は白色綿毛が密生し、柄にも短毛が密生します。葉の縁は揃った鈍鋸歯で、先は尾状にとがります(3〜4段目画像)。
雌雄同株で、雄花序(5段目左画像)は茎の下方、雌花序(5段目右画像)は茎の上方、それぞれの葉腋に密につきます。雄花は4花被片と4雄ずいがあり、雌花(下段画像)は筒状で短毛があります。
果実はそう果で、長さが約8mmです。
越後上布や薩摩上布はこの植物から作られたものです。

back

next

list

home

flora