ビロードモウズイカ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

道ばたの個体 04年6月10日 
根生葉 15年7月28日
花序の一部同左 
 
 科 属 名
ゴマノハグサ科モウズイカ属
 別    名
ニワタバコ
  英    名
common mullein, flannel plant
 学    名
Verbascum thapsum L.
 日本と世界の分布
北海道〜琉球、ヨーロッパ原産の帰化植物
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた・土手・荒地・草地など
 開  花  期
6〜10月
 身近な類似種
アレチモウズイカ
 メ      モ
明治初年にヨーロッパから観賞用として導入されたものが、現在は全国的に逸出、野生化している越年生帰化植物です。この辺りでも、2000年頃から道ばたなどで、希に見かけるようになりました。
植物体は画像のように灰白色の星状毛を密生します。は直立し 、高さ1〜2m(上段画像)。越冬型の根生葉は2段目画像のように長楕円形のロゼットをつくり、長さ10〜30cm、開花時まで残ります。茎の葉は互生し、柄がなく卵状長楕円形で、基部は細くなってひれ(翼)になります。
は下段画像のように茎の先に長さ50cmほどの総状花序に多数密につきます。花冠は画像のように黄色、左右相称に深く5裂し、径2〜2.5cm。雄ずいは5本で、3本は花糸に白色の長毛 を密生します。
back next list home flora