マキエハギ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

草刈地の群生 04年9月9日
 
茎葉と花序 同上
 
花序と花 01年8月24日
 
5裂したがく片 目盛単位:0.5mm

09年8月27日 

 
 科 属 名
マメ科ハギ属
 学    名
Lespedeza virgata (Thunb.) DC.
日本と世界の分布
本州〜琉球、朝鮮・中国・台湾
   生 育 型
多年草または半低木
 生 育 場 所
土手の草地、草原など
   開  花  期
8〜9月
 身近な類似種
ネコハギ ハイメドハギメドハギヤハズソウ・ヤマハギ
 メ    モ
丘陵地の草原などに生える多年草または半低木で、太い木質根があります。茎は細くて硬く、30〜70cm。頂小葉は長楕円形で、長さ10〜20mm。
3段目画像は細長い花柄の先に2個の花をつけた様子です。花はほとんど白色で、旗弁の基部にピンクの斑紋があり ます。花の幅は4-5mm、長さ5-7mm。がくの先は最下段画像のように深く5個に裂け、先ががく筒の約4倍ほど伸びて、刺状にな っています。
この辺りでは草刈り管理がなされている土手や草原に細々と生育しています。「牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧IB類」に位置づけられています。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「絶滅危惧U類」

 

 

back next list home flora