ヒメナミキ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

草原のヒメナミキ 05年10月15日 
茎葉と花序 同上
同上
 
 科 属 名
シソ科タツナミソウ属
 学    名
Scutellaria dependens Maxim.
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国(東北)・シベリア
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
湿地の草原など
   開  花  期
6〜8月(〜10月)
 身近な類似種
オカタツナミソウ・コバノタツナミ・タツナミソウ・ヤマタツナミソウ
 メ      モ
湿り気のある草地に生えるタツナミソウ属の繊細な多年草。茎は直立し、高さ20〜40cm、少し分枝し、細長い地下茎を伸ばします。葉は1〜3mmの短い柄があり、画像のように狭卵状3角形で長さ1〜2cm、縁に1〜2対に低い鋸歯があり、縁と表面の脈状に微毛があります。花は普通6〜8月とされていますが、画像は10月15日に水田と林の間にある草地で撮ったものです。花は画像のように葉腋に1個ずつつき、白色でわずかに淡紅紫色を帯び、長さ約7mmで、基部はわずかに曲がります。
この辺りでは希少種であり、発生場所は市域で一箇所しか分かっていません。名前は漢字の姫波来(ヒメナミキ)で、小形のナミキソウの意味、同属の海岸砂地生のナミキソウ(波来草)の名前は生育地に因みます。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「準絶滅危惧」

 

 

 

back next list home flora