ヤマニガナ 里山の夏 〜秋の開花植物

 

 雑木林 98年8月18日
 
頭花:総苞片と筒状花 09年9月20日
 
 科 属 名
キク科ヒヨドリバナ属
 学    名
Eupatorium chinense L.
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国・フィリピン
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林・林縁・草原など
   開   花   期
6〜10月
 身近な類似種
サケバヒヨドリ・サワヒヨドリ
 メ      モ
この辺りでは雑木林や草原などに普通にみられる多年草です。高さ1〜2m。葉はうすく、短い柄があり、葉身は上段画像のように卵状長楕円形から楕円形、長さ20〜20cm、先は尖り、基部は急に葉柄となり、縁には鋭い鋸歯があります。葉の両面に縮れた毛がまばらにあり、裏面には腺点があります。
頭花は上段画像のようにややまばらに散房状につき、4〜5個の筒状花だけからなります。総苞は長さ5〜6mm、外片は下段画像のように乾燥質で短く、花冠は白色で時に紫色を帯びます。そう果は長さ3mm内外で、腺点と毛があります。
名前はヒヨドリが鳴く頃に花が咲くことに因みます。

back

next

list

home

flora