オミナエシ 里山の夏 〜秋の開花植物

 

雑木林の土手 98年8月20日 
 

花序の一部  05年8月27日
 
 科 属 名
オミナエシ科オミナエシ属
 別    名
オミナメシ・アワバナ
 学    名
Patrinia scabiosaefolia Fisch.
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国・シベリア東部
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林・草原など 
   開   花   期
7〜10月
 身近な類似種
オトコエシ
 メ      モ
雑木林や草原などに生える多年草です。茎は直立して60〜100cm。地下に太い根茎があり、横にはって新苗を生じます。
根生葉は大型で、開花時には枯死します。茎の葉は対生し、深く羽状に裂けます。花は画像のように茎の上部で枝分かれした先に黄色い小花を多数つけます。花冠は5裂して径3〜4mm。
万葉時代から愛好された秋の七草の一つで、女郎花(オミナエシ)と書きます。同じ仲間のオトコエシが多毛で剛壮なことに対し優しい女性にたとえたものです。
この辺りでは下草管理がなされている雑木林に点々と生育しています。上の画像は栽植株を写したもので、雑木林の株は徒長気味で、これより分枝が少なく弱々しく感じます。「牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧II類」に位置づけられています。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「絶滅危惧U類」

 

 

back

next

list

home

flora