オトコエシ 里山の真夏〜秋の開花植物

 

雑木林の群生 09年9月20日
 
林縁の個体 00年8月31日 
 
茎中位の葉 14年7月27日
花序の一部 05年9月2日
 
果実と果実を取りまく小苞の円形の翼 13年11月17日
 
 科 属 名
オミナエシ科オミナエシ属
 別    名
チメクサ・トチナ
 学    名
Patrinia villosa (Thunb.) Juss.
日本と世界の分布
北海道〜奄美、朝鮮・中国
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林・草原など 雑木林・林縁・草原など  
   開   花   期
8〜10月
 身近な類似種
オミナエシ
 メ      モ
雑木林などに生える毛の多い多年草。茎は高さ60〜100cmで中空。株もとから走出枝(匍ふく枝・ストロン・ランナー)を出して新個体を作ります。葉は2・3段目画像のように対生し、羽状に裂けます。
花序は1・2段目画像のように散房状で、白色の小さな花が多数つけます。花冠は4段目画像のように先が5裂し、径約4mmです。
果実は下段画像のように倒卵形 、長さ2〜3mmで、果実を取りまく小苞が発達した円形の翼があります.
名前のオトコエシはオミナエシに対して強剛であることから、男性に見立てたものです。

back

next

list

home

flora