イガホオズキ 里山の夏〜秋の開花植物

 

林縁土手の個体 15年6月25日
 

叉状分枝の茎と葉 同上
 
15年7月4日 
 

果実 15年6月25日
 
 科 属 名
ナス科イガホオズキ属
 学    名
Physaliastrum japonicum (Franch. et. Savat.) Honda
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国 (北部・東北)
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
林縁など 
   開   花   期
6〜9月
 メ      モ
山地の林縁に生える多年草で、この辺りでは多くありません。
は1・2段目画像のように2叉状に分枝し、高さ50〜70cmで、まばらに軟毛があります。は両面とも軟毛が生え、 同上画像のように卵形で、先が急に狭まって短く尖り、基部も狭まります。葉柄は長さ2〜4cm、葉身は長さ4〜13cm、幅3〜10cmです。
は3段目画像のように葉腋に1〜4個下向きに咲きます。花柄は細く、開花期 の長さが1〜1.5cmで、果実期には1.5〜2.5cmに伸びます。花冠は同上画像のように黄白色、広鐘形で、径5mm、先は浅く5裂し、外側に短毛が密生します。
果実は液果で、下段画像のようにぶら下がり、球形で径1cm、白色に熟します。がくは同上画像のように果実期には、緑色で先が開いた球形になり果実を包み、花期の軟毛が刺状の突起となります。

back

next

list

home

flora