イブキボウフウ 里山の夏 〜秋の開花植物

 

雑木林の林床の株 06年9月9日 
 
花序の一部と花 同左
生葉の半ばより上部 05年9月10日 
 
 科 属 名
セリ科イブキボウフウ属
 学    名
Libanotis coreana (Wolff) Kitag.
日本と世界の分布
北海道〜近畿、朝鮮南部
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林など
   開   花   期
8〜9月
 身近な類似種
オヤブジラミヤブジラミヤブニンジン
 メ      モ
山地の草原に普通の多年生植物ですが、この辺りでは少なく、雑木林でわずかに見られるだけです。
は直立し多く枝を出し、高さは30〜120cmになります。は2〜3回羽状複葉で、長さ5〜30cm、根生葉には長い柄があり、茎葉は短くなります。小葉は 下段画像のように細かく切れ込みます。
花序は画像のように複散形で、径3〜6cm、多数の白花を密に咲かせます。
名前は伊吹防風で、滋賀県の伊吹山に生えていることに由来します。

back

next

list

home

flora