フシグロセンノウ 里山の夏 〜秋の開花植物

 

クリ 園の斜面周辺の個体 05年8月22日 
 
茎と節 同上
同上
 
 科 属 名
ナデシコ科センノウ属
 学    名
Lychnis miqueliana Rohrb
日本と世界の分布
本州〜九州
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
林と林縁など 
   開  花  期
7〜10月
 類  似 種
スイセンノウ
 メ      モ
林床や林縁に生える多年草。茎は高さ50〜90cm、上左の画像のように上部でまばらに分枝します。上中央の画像のようにが膨らみ黒褐色をおびます。これが和名の由来になっています。花は枝先にまばらに数個つきます。がくは長円筒状で5裂し、長さ2.5〜3cm。花弁は画像のように広倒卵形で長さ2.5〜3cm、ほぼ全縁で朱赤色です。果実(朔果)は長楕円形。
この辺りでは絶滅したものと考えられていた植物です。最近自生が確認されましたが、「牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅」に位置づけられています。 なお県北の山地では普通に見られる植物です。
 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「準絶滅危惧」

 

 

back

next

list

home

flora