カリガネソウ 里山の夏 〜秋の開花植物

 

スギ林床の個体 14年10月7日
 
茎の上部と葉 同上
 
花序 同上
 
同上
 科 属 名
クマツヅラ科 (APG→シソ科) カリガネソウ属
 学    名
Caryopteris divaricata (Sieb. et Zucc.) Maxim.
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
スギ林など 
   開   花   期
8〜10月
 メ      モ
山野に生えるクマツヅラ科の多年草。強いにおいがあります。APG分類ではシソ科に移されました。この辺りではスギ林の林床に生育する希少種です。
は四角形で、画像のように上部で分枝し、高さ1mほどです。葉身は広卵形で、縁に鋸歯があり、長 さ8〜13cm、幅4〜8cm(2段目画像)。
は8〜10月、葉腋に伸びる集散花序にまばらにつきます(2〜3段目画像)。花冠は青紫色で、長さ8〜10mmの花筒があり、先は5裂し、下側の1個は大きくて、反曲します(下段画像)。雄しべは下向きに湾曲して、長さ3cmほど、花柱とともに花の外へ長く突き出ます(下段画像)。
名前は漢字の雁草で、花の姿を雁(カリガネ)に見立てたものです。

back

next

list

home

flora