ジュズダマ 水辺の夏 〜秋の開花植物

 

 

道ばたの群生 14年9月10日
 
排水路 畔の株98年8月20日 
 
果実(苞鞘) 05年10月13日 
 
 科 属 名
イネ科ジュズダマ属
   英    名
Job's-tears
 学    名
Coix lacryma-jobi L.
日本と世界の分布
熱帯アジア原産の帰化植物、栽培から各地で野生化。
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
 溝地・水路の縁・土手など
   開   花   期
7〜10月
 メ      モ
古い時代に渡来した熱帯アジア原産の帰化植物と考えられています。水辺に生育する1年草で、高さ1〜2m。
花序は上段画像のように稈の上方の葉腋につき、イネ科では特有の形をしています。
3個の雌性小穂は長い柄を持ったつぼ型の果実(苞鞘)に包まれ、雄性小穂は長い柄によって苞鞘の外へ垂れ下がります。右画像は雄性小穂が落ちた後の成熟苞鞘で、径8〜12mm、硬化し陶器のような光沢がり、白色、灰紫色、灰褐色などの様々な色をおびています。苞鞘で数珠を作ります。苞鞘総苞葉ともいい、種子が入っています。
食用や薬用に用いられる作物のハトムギは同じ属で、花序は下を向き、苞鞘は爪で簡単に割れます。

back

next

list

home

flora