水辺の夏〜秋の開花植物

(2016年7月12日更新)

湿った場所

アオガヤツリ 
アオコウガイゼキショウ
アゼナ
アゼムシロ
アメリカアゼナ
アメリカタカサブロウ
イヌビエ イヌホタルイ
ウシクグ
エゾミソハギ
キシュウスズメノヒエ
キツリフネ
クサネム クロテンツキ コアゼガヤツリ コケオトギリ コゴメガヤツリ
サワトウガラシ
サンカクイ シカクイ ジュズダマ
タイヌビエ
タカサブロウ
タケトアゼナnew
ツルニガクサ
テンツキ トキンソウ ニガクサ ハリイ
ハリコウガイゼキショウ
ヒデリコ

 

ヒロハホウキギク ホソバヒメミソハギ マツバイ マルバノサワトウガラシ ソハギ

水辺

ウキアゼナ
ウリカワ

 

オモダカ

 

コウホネ

 

フトイ

 

ヘラオモダカ

 

16年7月12日、15年7月7日、それぞれ『水辺』と『湿地』の草本植物生育環境を示す画像を追加しました。

 

同下 16年7月12日
同下 同左
   
稲荷川畔水辺 14年7月10日
耕作放棄6年目の田んぼ  同左
 
12年7月9日に追加した上段の画像は左右二つとも前年の撮影場所と同じ所で写し、アップしたものです。天候の具合で画像の明るさに違いが表れていますが、植物相は大きく変わっておりません。
左の画像は牛久沼畔の稲荷川河口です。手前はヒメガマで、他にガマコガママコモヨシがありますが、その他の水生植物はほとんど見当たりません。右の画像は休耕田です。 手前の畦の奥はアシカキの群生です。その他、コウガイゼキショウコナギセリハリイイヌホタルイなどが生えています。 一昨年、ここには牛久市で「絶滅危惧U類」にされているミズニラが群生していましたが、 今年はなぜか見当たりません。周りにはアシカキイボクサ・イヌスギナ ・オニスゲなどが生えています。これらの場所に上のサムネイル画像に示す種々の湿生植物が生えています。
上のサムネイルはからに湿地や水辺で花が咲く植物を五十音順に並べたものです。植物名をクリックするとページがでます。生育場所を[湿った場所(水を入れた田んぼを含む) 」と「水辺」に分けてありますが、両方に生える植物もありますので、この分け方は絶対的なものではありません。さらに、「湿った場所」に生える植物としてあげた種類であっても、余り湿っていない所に 生える場合もありますので、これも絶対的とはいえません。

back   home