ウリカワ 水辺の夏 〜秋の開花植物

 

休耕田の群生 04年9月9日 
 

塊茎 00年10月17日 
 

04年9月17日 
 
 科 属 名
オモダカ科オモダカ属
 学    名
Sagittaria pygmaea Miq.
日本と世界の分布
北海道西南部〜琉球、東アジアの温帯〜熱帯
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
浅い池・水田・休耕田
   開   花   期
6〜10月
 身近な類似種
オモダカ
 メ      モ
浅い沼や田んぼに生える多年草で、主要な水田雑草です。この辺りでは類似腫のオモダカに比べ 、田んぼの発生が少なく、休耕田で時折みかけるだけです。「牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧II類」に位置づけられています。
地下部の走出枝の先に新苗をつくるとともに夏以降、2段目画像のような塊茎(径3〜6mm)を多数つくります。
は根生し、沈水性で長さ10〜20cm、幅5〜8mm、先は基部よりやや広く、へら形になります。
花茎は直立し8〜20cm。は雌雄異花、上部に雄花( 下段画像)、下部に雌花を総状花序につけます。花弁は白色で倒卵形、3枚、径8〜10mm。

back

next

list

home

flora