バ  ン  テ  ア  イ  ・  ス  レ  イ

バンテアイ・スレイはアンコール遺跡群の中心から北東20kmほどの位置にあり、観光3日目の29日(土)に訪れました。この寺院はヤジュニャヴァラーハという僧によって967年頃建てられました。彼は王族の出身であり、968〜1000年頃の王、ジャヤヴァルマン五世の導師で、彼の死後も子孫が寺で公務を執行していたことが、14世紀初頭まで遡る碑文から分かっているそうです。ここは最近まで立ち入り禁止でした。

ピンク色の砂岩の寺院で、下の画像のように全体に鮮やかなピンク色をしています。バンテアイ・スレイとは「女の砦」という意味を持つそうです。小さいながらも完璧に近い設計の建物で、「宝石」とか、「宝玉」と形容されているそうです。1923年、若き日の フランスのアンドレー・マルローがここから彫刻を盗み出そうとして失敗したエピソードがあるそうです。確かに、壁のアプサラの彫刻は優美な姿をしており、魅了されました。

遺跡周りの除草管理はほどほどになされておりましたが、各種の雑草がありました。驚いたことに、日本の畑や道ばたで普通にみられるウリクサ・オヒシバ・ザクロソウ・シマニシキソウ・フタバムグラなどが遺跡の間に生えていました。

 
宝石のような壁面の彫刻-2 同左
宝石のような壁面の彫刻-1 02年6月29日  
   
宝石のような壁面の彫刻-3 02年6月29日     宝石のような壁面の彫刻-4 同左
   
@ウリクサ
Aゴマノハグサ科
BLinderinia crustacea
C東南アジア・朝鮮・中国・日本
 
@フタバムグラ
Aアカネ科
BHedyotis diffusa
C東南アジア、本州〜琉球
 
@ザクロソウ
Aザクロソウ科
BMullgo pentaphylla
C東南アジア他、本州〜琉球
 
@シマニシキソウ
Aトウダイグサ科
BChamaesyce pilulifera
C熱帯〜亜熱帯、近畿〜琉球
@オヒシバ
Aイネ科
BEleusine indica
C熱帯〜暖帯、本州〜琉球
天水田(潅漑施設のない自然の雨だけを利用する田んぼ)での家族揃っての田植風景。バンテアン・スレイの帰路に車窓から見た情景。

 

 back  home