トネアザミ 陽地の秋の開花植物

 

林縁の藪の群生 15年9月24日
 

雑木林の株 00年10月5日 
 

花序(頭花)

99年11月9日
 
 科 属 名
キク科アザミ属
 別    名
タイアザミ
 学    名
Cirsium nipponicum (Makino) Makino var.incomptum (Franch.et Savat.) Kitam.
日本と世界の分布
関東〜中部地方
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林・草原・土手など 
   開  花  期
9〜11月
 身近な類似種
タカアザミノアザミノハラアザミ
 メ      モ
土手、草原、雑木林などに生える多年草。 この辺りには上掲の3種を含め4種類のアザミ類がありますが、トネアザミはノアザミやノハラアザミより発生量が少ない感じです。
高さ1〜2m。根生葉は開花期には枯れ、茎葉は長さ15〜40cmで羽状に深く裂け 、先に長く鋭い刺があります。茎は直立し、1〜2段目画像のように途中から枝分かれします。
頭花は画像のように総状につき、下向き(時に横向き)に咲きます。総苞は粘りません。総苞片は 触ると痛いほど先が針状に尖り、反曲します。
和名は群馬県の利根に因むそうです。

back

next

list

home

flora