ダンドボロギク 陽地の秋の開花植物

 

林縁の個体 03年9月2日 
 

頭花 14年9月21日
 
冠毛をつけた果実(左)と果実飛散後の花軸(右)
10年10月1日
 
 科 属 名
キク科タケダグサ属
 学    名
Erechtites hieracifolia (L.) Raf.
日本と世界の分布
 北アメリカ原産で、南北アメリカ・ヨーロッパ・アジアの温帯〜熱帯
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
荒地・草原・林縁・明るい林床など 
   開  花  期
9〜11月
 身近な類似種
ベニバナボロギク
 メ      モ
林の伐採跡や荒地などに生える北アメリカ原産の1年生帰化植物です。 この辺りでは林の伐採跡の所々に群生を見かけますが、未だ多くはありません。
は高さ0.3〜1.5m。茎には縦に条があり、画像のように直立し上部で枝分かれします。は互生で 、下部のものを除いて柄がなく、茎を抱きます。
画像のように枝先に多数の頭花を円錐花序につけます。頭花は円筒形、舌状花はなく、頭状花は白色。総苞は長さ11〜15mmで、花が終わったあと太くなります(下段画像)。
果実はそう果、下段画像の白い冠毛の基部にある黒褐色のもので、長さ15mm位です。なお、そう果(痩果)とは果皮がごくうい膜質で、種子にくっついていて 、離れない果実をいいます。
和名は1933年に愛知県の段戸山で初めて発見されたことに由来しています。

back

next

list

home

flora