ヌカボタデ 水辺の秋の開花植物

 

排水路畔 の個体 06年9月29 
 
托葉鞘 06年8月15日
 
 
 科 属 名
タデ科イヌタデ属
 学    名
Persicaria taquetii (Lev.) Koidz.
日本と世界の分布
本州〜九州、朝鮮
 生 育 型
1年草
 生 育 場 所
湿地・水路畔など
   開  花  期
9〜11月
 身近な類似種
ボントタデヤナギタデ・ヤナギヌカボ
 メ      モ
湿った所に生える1年草。茎は他のタデ類に較べると弱々しく、基部は地をはって根を出し、上部は直立して枝を分けます。 この辺りではタデ類のなかでは少ない方で、田んぼの周りの排水路畔にわずかに生育しているだけです。
高さ20〜40cm。葉は上段画像のように長披針形で両端は細まり、長さ2〜6cm。托葉鞘は 下段画像のように筒状で、縁毛があります。
花は上段画像のように細長い総状花序まばらにつきます。がくは深く5裂し、紅色で長さ1.5mmほど です。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「絶滅危惧U類」

 

 

back

next

list

home

flora