ノゲシ 陽地の春〜秋の開花植物

 

畑地土手の株 00年4月16日 

葉の基部 01年11月11日

異常葉 06年11月21日
 

花序 98年10月31日
 
頭花;筒状花だけで径約2cm 09年4月24日
 
  科 属 名
キク科ノゲシ属
 別    名
ハルノノゲシ
 英    名
annual sowthistle
   学    名
Sonchus oleraceus L.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、欧亜大陸の熱帯〜温帯、その他世界に帰化
   生 育 型
1〜越年草
 生 育 場 所
市街地、家の周り、道ばた、空地、土手、田の畦、畑、樹園地など
   開  花  期
4〜11月
 身近な類似種
オニノゲシ
 メ      モ
ヨーロッパ原産で、有史前に中国を経て帰化したものと考えられている史前帰化植物の越年草。道ばたや空地など身近な日当たりのよい場所に点々と 生えています。
草高は50〜100cmと大小さまざまですが、上段画像は70cm。は中空で画像のように紅褐色のものが多く、切ると白い汁がでます 。は茎を抱き、その先端が2段目左画像のように尖ります。同じ仲間のオニノゲシはここが丸く、ぎざぎざの刺があります。2段目右画像は先端が異常に大きい葉身です。
開花は春が盛期ですが、霜が降るまで咲き続けます。頭花は2・3段目画像のように筒状花ばかりで、80個を上回る小花からなり、径約2cmです。花柄には腺毛があります。
果実が熟すと、総苞片は反り返ります。そう果は褐色、長さ3mmで、多数の白い糸状の冠毛があります。
back next list home flora