アレチノギク 陽地の春〜秋の開花植物

 

道路植込みの株 04年6月17日 
 

花序の一部と頭花 07年5月28日
 
  科 属 名
キク科イズハハコ属
 別    名
ノジオウギク
 英    名
hairy fleabane
   学    名
Conyza bonariensis (L.) Cronq.
日本と世界の分布
南アメリカ原産の帰化植物で全国に分布、世界に帰化
   生 育 型
1〜越年草
 生 育 場 所
市街地、家の周り、道ばた、空地、土手、畑、樹園地など
   開  花  期
4〜10月
 身近な類似種
オオオアレチノギクヒメムカシヨモギ
 メ      モ
明治の中頃に渡来した南アメリカ原産の越年生帰化植物。この辺りでは、道ばた・空地・道路の植込みなど の日当たりのよい場所に自生しています。オオアレチノギクヒメムカシヨモギの仲間ですが、これらに比べて大群落は作らず、分散的に生えています。
草高は30〜50cm。上段画像のように中心の茎(主幹)の成長が止まり、下の枝が伸びて主幹より高くなるのが特徴です。
頭花は総状につき、オオアレチノギクより大きく、総苞は長さ5mm。舌状花は沢山ありますが、小さくて肉眼ではよく分かりません。
back next list home flora