アキノノゲシ 陽地の真夏〜秋の開花植物

 

 

国道6号法面の分枝個体の上部 16年9月23日
 
休耕畑 の分枝前個体 98年9月23日 
 
枝分かれした花序上部の頭花と開花後の総苞 13年10月8日
 
頭花 03年9月9日 
 

果実(そう果)と冠毛 14年9月21日
 
 科 属 名
キク科アキノノゲシ属
 学    名
Lactuca indica L.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、朝鮮・中国・東南アジア
   生 育 型
1年草または越年草
 生 育 場 所
道ばた・空地・土手・休耕田畑など
   開  花  期
8〜11月
 身近な類似種
オニノゲシノゲシ(ハルノノゲシ)
 メ      モ
野菜のレタスと同じ属で、大型の1年草または越年草です。この辺りでは休耕地(1段目画像)や道ばたの空地・荒地などに点々と生えております。何故か群生は見られません。
茎は高さ60〜200。根生葉は開花時には枯れ、茎葉は画像のように互生羽状に切れ込み、長さ10〜25cmです。
頭花舌状花だけで、円錐花序(1段目画像)につき、径2cm内外で、上向きに咲きます(1・2段目画像)。総苞は円柱形で開花時に長さ10〜13mm、開花後果実(そう果)が成熟すると、2段目画像のように下部がふくれ、上部が狭くなり、長さ13〜15mmになります。舌状花は21〜27個(画像は24個)。花冠は長さ12〜13mmで、筒部は4.5〜6mm。
そう果は黒褐色で、長さ4〜4.5mm、冠毛は白く、長さ8mmほどです(下段画像)。

back

next

list

home

flora