オオブタクサ 陽地の真夏〜秋の開花植物

 

埋立地の群生 14年9月10日 

同上の 同上
 

高さ4mの茎を1m毎に切断した茎の各部位 14年9月11日
 

直径3.5cmの茎基部の断面 スケールの目盛:1mm 同上
 

14年9月10日 
 

花序の一部  黄色の部位が雄しべ、下方の糸状の花柱がある部位が雌しべ 同上
 

果実(偽果) 05年11月19日
 
 科 属 名
キク科ブタクサ属
 別    名
クワモドキ
 英    名
giant ragweed
 学    名
Ambrosia trifida L.
日本と世界の分布
北アメリカ原産で各地に帰化植物。
 生 育 型
1年草
 生 育 場 所
道ばた・空地・荒地・林縁など
   開花期
8〜10月
 身近な類似種
ブタクサ
 メ      モ
北アメリカ原産の豪壮な1年生帰化植物。この辺りでは埋立地(上段画像)や荒地などに見られますが、 未だそれほど広がっていません。
は2段目画像のように直立し、高さ1〜3mとされていますが、この個体は3段目画像のように4mを超えており、基部の太さが直径3.5cmを上回っています(4段目画像)。は5段目画像のようにクワの葉そっくりで、長い柄があり、葉身は掌状に3〜5裂し、長さ20〜35cmで、鋸歯があり、両面に短毛が生えています。
雌雄同株で、雄花序の花は6段目画像のように枝の頂部に総状につき、長さ5〜20cm、雌花は画像でははっきりしませんが、雄花序の下方の葉腋に数個集まってつ いています。
果実は偽果。偽果とは子房以外の部位が成長した果実で、オオブタクサは下段画像のように総苞が木化した果実です。倒卵形で、長さ7〜10mm、先は2〜4mmの尖った角状となっており、肩に4〜8個の刺状突起があります。

「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back

next

list

home

flora