ブタクサ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

道ばたの株 00年8月8日 
 
 花序の一部 00年8月19日
 
 科 属 名
キク科ブタクサ属
   英           名
common ragweed, hog-weed
 学    名
Ambrosia artemisiaefolia L.var.elatior (L.) Desc.
日本と世界の分布
北アメリカ原産の帰化植物で全国に自生。
 生 育 型
1年草
 生 育 場 所
家の周り、道ばた、空地、土手、畑、樹園地など
   開  花  期
6〜9月
 身近な類似種
オオブタクサ
 メ      モ
明治初期に北アメリカから渡来した1年生帰化植物。今では全国に広がっています。この辺りでも市街地の道ばた・空地などに自生していますが、かつてのような勢いは見られません。
は長毛があり直立し、高さ30〜120cm、上段画像のように枝分れします。茎の下部の葉は対生して長い柄があり、上部のものは互生し、ほぼ無柄です。葉身はほぼ3角状卵形で、長さ6〜12cm、中肋ちかくまで羽状に裂け、裂片はさらに深く裂け、短い伏毛があります。
雌雄同株雄花序(下段画像の総状部位)は枝先に細長く総状につき、頭花は径2〜3mm、柄は短く、下向きに咲きます。総苞片は合生して皿状の総苞となり、総苞外面にはかたい短毛が生え、ときに腺点があり、中に黄色い12〜15個の筒状花があります。雌性頭花(下段画像の基部)は雄性花序の下の葉腋に2〜3個つき、花冠のない1個の雌花が総苞に包まれ、総苞片は合生します。
そう果は総苞に包まれたまま成長してかたくなり、果実を包んで偽果(子房以外の部位が成長した果実)となります果実は3〜5mm、長卵形で先が尖り、肩の周りに6個内外の突起があります。
 「外来生物法」の「要注意生物」指定種。 

 

back next list home flora