オオケタデ 陽地の真夏〜秋の開花植物

 

 畑地の縁の個体 05年9月2日
 
節と托葉鞘
 
 科 属 名
タデ科イヌタデ属
 別    名
オオベニタデ・ベニバナオオケタデ
 学    名
Persicaia orientalis (L.) Spach
日本と世界の分布
北海道〜琉球、東〜南アジア
 生 育 型
1年草
 生 育 場 所
家の周り・道ばた・空地など
 開 花 期
8〜11月
 身近な類似種
オオイヌタデ
 メ      モ
東〜南アジア原産の1年生帰化植物。江戸時代から栽培されてきた鑑賞植物で、現在は全国的に逸出、帰化しています。この辺りでは栽培もありますが、所々に自生が見られます。 家の周り、空地(上段画像)、道ばたなどに生えています。
高さ1〜2m。茎はよく枝分かれし、茎や葉には画像のように毛が密生しています。葉裏には腺点があり、中位以下の葉は卵形で柄があり、長さ10〜25cm、先はとがり基部は心形です。
拓葉鞘は下段画像のように筒状で淡褐色、頂部は緑色で葉状に広がり、縁に毛があります。花序は分枝した枝先に生じ、花穂状で長さ2〜8cm、多くは先が垂れます。

back

next

list

home

flora