アレチヌスビトハギ 陽地の真夏〜秋の開花植物

 

公園芝生の個体 13年10月3日
 
牛久沼畔の群生 09年9月13日
 
花序 同上
同上
 
同上
 
果実(豆果) 同上
ズボンの布に付着した果実

13年10月3日

 
 科 属 名
マメ科ヌスビトハギ属
 英     名
panicled tick-trefoil
 学    名
Desmodium paniculatum (L.) DC.
日本と世界の分布
北アメリカ東南部原産の帰化植物で、本州(東北地方南部)〜琉球に帰化
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
 市街地・道ばた・空地など 
   開  花  期
8〜10月
 身近な類似種
ヌスビトハギ・ヤブハギ
 メ      モ
市街地や道ばたなどの日当たりのよい場所に生える帰化植物。茎は直立または斜上し、高さ30〜100cm。 全体に無毛または鉤毛があります。
葉は両面に伏した軟毛があり、3段目右画像のように3小葉からなり、側小葉は左右非相称で頂小葉より少し小さく、頂小葉は狭卵形から卵形または狭長楕円形、長さ4〜10cm、幅1〜3cm、鋭頭から鋭尖頭、基部は鈍形です。葉柄は長さ2〜5cm、托葉は線形から狭卵形。
花序は上段や3段目左画像のように茎頂に円錐形、上部の葉腋に総状につき、花序軸は有毛です。小花柄は長さ4〜11mmで、細かい鉤毛があります。がくは長さ2〜3mm。花は画像のように紅紫色で、長さ6〜8mm。
果実は下段画像のように節果(莢が熟してくびれ目が離れる果実)、扁平で深くくびれて3〜5個の小節果になり、全体に細かい鉤毛があり、右画像のように衣類に付着します。

back

next

list

home

flora