ナガボノシロワレモコウ 陽地の真夏〜秋の開花植物

 

川の堤 03年10月5日 
 
開花途中の花 05年9月30日
開花最盛期の花序 09年9月24日
 
 科 属 名
バラ科ワレモコウ属
 学    名
Sanguisorba tenuifolia Fisch. ex Link var. alba Trautv. et Mey
日本と世界の分布
北海道〜九州、樺太
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
土手、管原など
   開  花  期
8〜10月
身近な類似種
ナガボノアカワレモコウ・ワレモコウ
 メ      モ
やや湿った場所に生える多年草です。高さ60〜100cm。葉は互生し、長い柄がある羽状複葉で、小葉は上段画像のように長楕円状線形をしています。
花は小さく、 中・下段画像のような長さ8〜10cmの一方に傾く太い花穂に密集してつきます。花は花弁がありません
この辺りでは、川べりや土手の草地に点々と生育していますが、容易に見られる植物ではありません。「牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧IB類」に位置づけられています。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「絶滅危惧U類」

 

 

back

next

list

home

flora