ノコンギク 里山の真夏〜秋の開花植物

 

林縁の群生 05年10月14日
 
道ばた 04年10月4日 
 
頭花 09年9月20日
 
果実 左;カントウヨメナ
右;ノコンギク
 
 科 属 名
キク科シオン属
 学    名
Aster ageratoides Turcz.ssp.ovatus (Franch.et Savat.) Kitam.
日本と世界の分布
本州〜九州 
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林・林縁・草原など  
   開  花  期
7〜11月
 身近な類似種
カントウヨメナユウガギク
 メ      モ
雑木林や草原に生える多年草で、地下茎があります。茎は高さ50〜100cm、上・中段画像のように分枝します。根出葉は柄があり、卵状長楕円形で、両面に短毛があります。花茎の根出葉は開花期には枯れます。茎葉は中段画像のように長楕円形、卵状長楕円形または卵形で長さ6〜12cm、縁にまばらに大きな鋸歯があります。柄はほとんどなく、基部と中部の間から太い側脈が出て、中肋とともに3行脈になります。両面に剛毛があり、触るとざらざらします。
は中段画像のように茎の先に散房状に咲ます。頭花は径2.5cmほどで、淡青紫色ですが、画像のように白に近いものから淡紫色まで様々です。総苞は半球形で長さ5mm位、総苞片は3列で覆瓦状です。舌状花は2・3段画像のように1列です。
果実(そう果)は下段画像の右側のように長さ5mm内外の白い冠毛があります。これに対してカントウヨメナは同左側のように0.5mm以下で肉眼ではよく分りません。

back

next

list

home

flora