ヤクシソウ 里山の真夏〜秋の開花植物

 

林縁土手の群生 13年10月27日
 
茎上部の分枝と多数の花序 同上
 
頭花と蕾 同左
 
 科 属 名
キク科オニタビラコ属
 学    名
Youngia denticulata (Houtt.) Kitam.
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国・ベトナム
 生 育 型
越年草
 生 育 場 所
雑木林・林縁・土手など  
   開  花  期
8〜11月
 身近な類似種
 オニタビラコヤブタビラコ
 メ      モ
日当たりのよい林縁の土手(1段目画像)などに自生していますが、この辺りでは生育場所の減少に伴って近年、減っています。全草無毛の越年草です。
高さ30〜120cm、よく分枝します(2段目画像)。根出葉はさじ形で柄がありますが、開花期には枯れます。茎葉は 下部では茎を抱きます。
1・2段目画像のように枝の先に多数の頭花をつけます。頭花は径約1.5cm、上向きに咲き、開花後に花柄が曲がって下を向きます。総苞は長さ7mmほど、下部はふくれて堅くなります。
そう果黒褐色で長さ、3.5mm、冠毛は純白色です。

back

next

list

home

flora