オニタビラコ 陽地の春〜秋の開花植物

 

田の土手 00年4月28日
 
花序の一部05年5月10日 
そう果05年5月9日 

 

花茎に残るそう果 13年5月26日
 
 科  属 名
キク科オニタビラコ属
   英    名
Asiatic hawksbeard
 学    名
Youngia japonica (L.) DC.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、朝鮮・中国・東南アジア・インド・ミクロネシア・オーストラリア
   生 育 型
1〜越年草
 生 育 場 所
市街地、道ばた・空地・土手・田の畦・畑地・樹園地など 
   開  花  期
3〜11月
  類 似 種
コオニタビラコヤブタビラコ
 メ      モ
道ばたや土手など日当たりのよい場所に普通にある越年草です。切れこみのあるロゼット葉で冬を越 します。身近な場所に単独または数株まとまって生えています。
春に根元から複数の茎を出し草高20〜100cmになり、上部は上段画像のように枝を分けます。茎葉は褐紫色を帯びた毛で被われています。上 段画像は草高44cmです。
小さな花が集合している頭花は直径8mm。開花は春が中心ですが、晩秋まで咲き続け、真冬でも市街地の植え込みや歩道の隅などで花を見かけます。晩秋の株は頭花が小さく毛が少なく弱々しく、別の種類 とする説もあります。
似た仲間のコオニタビラコ(春の七草の一つ)はイネ刈跡の田んぼや畦などやや湿った場所、ヤブタビラコは林縁などやや日陰の場所に生育しています。どちらも果実(そう果)の頂端に冠毛(カンモウ)と呼ばれる3mm内外の毛がありません。これに対 し、オニタビラコは2・3段目画像のような冠毛があります。
back next list home flora