カノツメソウ 里山の真夏〜秋の開花植物

 

雑木 林の個体 05年9月17日 
 
花序 同上
 
 科 属 名
セリ科カノツメソウ属
 別    名
ダケゼリ
 学    名
Spuriopimpinella calycina (Maxim.) Kitag.
日本と世界の分布
北海道〜九州
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林・林縁など  
 開 花 期
8〜10月
 身近な類似種
ヤブニンジン
 メ      モ
日本特産種。林地に生える多年草で、この辺りでは少なく、雑木林などにわずかに見られるだけです。
茎は単一で細く、直立し、上部で分枝します。高さは50〜100cm。根出葉や下方の葉は2回3出複葉ですが、上方の葉は上左画像のように3出葉です。小葉は基部はくさび形で全縁ですが、上部には鋸歯があります。葉の表裏の脈状には細毛があります。
花序は1段目画像のように複散形で、数が少なく、総苞片や小総苞片は短い線形です。は白く、花弁と雄しべは5個、雌しべは1個で、花柱は2裂し宿存します。果実長楕円形で無毛、分果の隆条は細く目目立ちません。
牛久市版レッドデータブック植物編」では「準絶滅危惧」に位置づけられています。

back

next

list

home

flora