オオバクサフジ 里山の真夏〜秋の開花植物

 

林縁の土手の株 99年10月10日 
 
花序の一部と花 08年10月21日
 
花柱上部の毛 同上
豆果と種子 05年11月19日
 
 科 属 名
マメ科ソラマメ属
 学    名
Vicia pseudo-orobus Fisch.et Mey.
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国・ウスリー・アムール・シベリア東部
 生 育 型
つる性多年草
 生 育 場 所
林縁・土手など  
   開  花  期
8〜10月
 身近な類似種
カラスノエンドウツルフジバカマスズメノエンドウ
 メ      モ
草原や林縁に生えるつる性の多年草です。茎は細く、つる状で稜があり、高さ80〜150cm。葉は長さ7〜20cmの複葉で、長さ2〜6cm、幅1〜3cmの小葉が4〜10枚あり、先が1〜2に分かれた巻きひげになります。
花序は葉腋につき長さ4cmほど、花序柄は葉より長くなります。 花は1〜2段目画像のように青紫色で、長さ1.3〜1.5cm、柱頭の上部に下段左画像のような短毛が生えています。
果実(豆果)は下段右側画像のように狭長だ円形で扁平、長さ2〜3cm。右側画像のような丸い黒色の種子が1〜4個入っています。
この辺りでは林縁の土手に少数の自生が見られるだけの希少植物です。「牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧II類」に位置づけられています。
 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「絶滅危惧U類」

 

 

back

next

list

home

flora