ヤマハッカ 里山の真夏〜秋の開花植物

 

 林縁の群生 05年10月12日
 
茎葉と花序 99年10月7日
花序と宿存がく 08年11月4日
 
側面 13年9月9日
正面 14年9月9日
 
果実:宿存がくの一部を除去して写す 08年11月4日
 
 科 属 名
シソ科ヤマハッカ属
 学    名
Rabdosia inflexa (Thunb.) Hara
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林・林縁など  
   開  花  期
(7)8〜10月
 身近な類似種
アキノタムラソウイヌコウジュイヌトウバナ
 メ      モ
シソ科の多年草。この辺りでは雑木林の林床や林縁の土手などに生えています。
茎は木化した地下茎から出て、高さ40〜100cm。葉は広卵形〜3角状卵形、長さ3〜6cm、幅2〜4cm、あらい鋸歯があります。
は上段・2段目左側画像のように花穂に多数まばらにつきます。がくは2段目右画像のように5中裂し、花冠は3段目画像のように青紫色で、長さ7〜10mm、筒部と裂片の長さはほぼし等しく、4裂した上唇の中央付近に細かい紫点があります。
分果は下段画像のように球形、長さ約1.3mm、頂部に粒状のがあります。

back

next

list

home

flora