ガンクビソウ 里山の真夏〜秋の開花植物

 

茎葉と頭花 08年10月2日
 

株の基部 14年9月21日
 
 科 属 名
キク科ガンクビソウ属
 学    名
Carpesium divaricatum Sieb. et Zucc.
日本と世界の分布
本州〜琉球、朝鮮・中国
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林・林縁など  
   開  花  期
8〜10月
 身近な類似種
サジガンクビソウヤブタバココヤブタバコ
 メ      モ
林床に生える多年草。この辺りでは雑木林に点々と生育しています(上段画像)。
は直立し、高さ25〜150cm、上部は分枝し、枝を開出します。根出葉は開花時には枯れ、下部の葉は翼のない長い柄があります(下段画像)。葉身は卵形で、縁に不揃いの微凸鋸歯があり、両面に軟毛があり、裏面には腺点があります。
頭花は径6〜8mm、枝先につきます(上段画像)。頭花には画像のように2〜4個の苞葉があり、総苞は卵球形で長さ5〜6mm、径6〜8mmです。総苞片は4列で、外側は短く、円頭または凸頭で先は緑色です(上段画像)。
名前は、上段画像のように枝先についた頭花が煙管(キセル)の雁首にそっくりなところに由来します。

back

next

list

home

flora