ミチタネツケバナ 陽地の春の開花植物

 

庭の芝生の個体 02年3月3日
 
14年3月28日
 
花序:花と幼果 10年4月11日
 
 科 属 名
アブラナ科タネツケバナ属
 英    名
hairy bittercress
 学    名
Cardamine hirsuta L.
日本と世界の分布
ヨーロッパ〜東アジア
 生 育 型
越年草
 生 育 場 所
市街地の空地や植え込み、家の周りや芝生など
   開  花  期
3〜5月
 身近な類似種
コタネツケバナ・タネツケバナ
 メ      モ
最近、市街地に急増してきたヨーロッパ原産の越年生帰化植物です。タネツケバナのように田んぼの畦や稲刈り跡には未だ見かけません。
タネツケバナに似ていますが、 上段画像のような根生葉が花時にも残り、羽状深裂葉の頂端は他より大きく円いのが特徴で、 茎葉にはタネツケバナのような毛がありません。
画像の株は草高が15cm、莢は最大で2cm、頂端葉の幅は多くは約2cmですが、この画像の最大葉は3cmに達します。総状花序につき、2段目画像のように白色で、花弁は4枚です。下段画像の花 は長さ6mm、幅5mmです。 雄ずいは4本、葯は黄色です。
back next list home flora