ニ ガ ナ 陽地の春〜夏の開花植物

 

住宅地内の草地状空地 05年5月20日  
花序 の一部 04年5月6日  
花;6個の舌状花だけの頭花 09年5月14日
 
5舌状花のニガナ 10年6月1日 
 
 科 属 名
キク科ニガナ属
 学    名
Ixeris dentata (Thunb.) Nakai
日本と世界の分布
北海道〜琉球、南千島・朝鮮
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
公園の芝生、草原、雑木林など 
   開  花  期
4〜8月
 身近な類似種
オオジシバリ・シロバナニガナ・ノニガナ
 メ      モ
草原、公園の緑地、雑木林などに普通に見られる多年草です。高さ30cm内外。根生葉は長い葉柄がありますが、茎の葉は無柄で下の方は茎を抱きます。茎の上部で枝分かれし、頭花をつけます。茎や葉を切ると白い汁が出ます。
頭花は径1.5cmほどで、画像のように6〜7個の舌状花があります。8〜11個のものがあり、オオバナニガナと呼ばれています。
09年5月14日に下段の頭花の拡大画像を追加しました。この画像では舌状花は6個。中央の暗褐色円柱状のものが果実(そう果)、その上部は花柱で、2裂の柱頭が分かります。
10年6月1日には下段の5舌状花の拡大画像を追加しました。
back next list home flora