オオジシバリ

陽地の春・秋の開花植物

 

田んぼの畦の群生 05年5月5日 
 
 
根生葉・花柄・花 

98年4月28日

 
頭花;先が浅く裂けた舌状花25個が並ぶ

09年4月22日

 
 科 属 名
キク科ニガナ属
   別    名
ジシバリ・ツルニガナ
 学     名
Ixeris debilis A.Gray
日本と世界の分布
北海道西南部〜琉球、朝鮮・中国 
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた・空地・土手・田の畦・畑地・樹園地など 
   開  花  期
4〜11月
 身近な類似種
ジシバリ
 メ      モ
高さ10〜30cmの多年草で、茎葉に傷を付けると白い乳液がでます。茎は細く地表をはいますが、直立するものは1〜3本の枝を分け先に 頭花をつけ、花を咲かせます。葉はへら形です。
下段の画像のように花は舌状花(ゼツジョウカ、舌状の花冠をもつ小花)だけからなる頭花です。画像は最大草高28cm、このように田んぼの畦一面に群生する場合があります。開花時期は春が中心ですが、ぽつんぽつんと晩秋まで咲 き続けます。春、田んぼの畦がオオジシバリの黄色の花で被われている所もあります。
09年5月5日に下段の頭花の拡大画像を追加しました。
back next list home flora