スミレ 陽地の春の開花植物

 

草地の群生 17年4月21日
舗装路の隅に生える青色を帯びたスミレ 12年4月19日
舗装路のすみ 00年4月14日 
舗装路の群生 04年4月14日 
 
花;側弁基部の白毛 09年4月18日
 
 科 属 名
スミレ科スミレ属
 学    名
Viola mandshurica W.Becker
日本と世界の分布
北海道〜九州、南千島・朝鮮・中国・シベリア東部
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
市街地、道ばた、草地状空地など
   開  花  期
3〜5月
 身近な類似種
アメリカスミレサイシンアリアケスミレコスミレノジスミレヒメスミレ
 メ      モ
人々に最もなじみの深いスミレ類の代表です。
地上茎はなく、花は大きく濃紅紫色で、下段画像のように左右の花弁内側に白毛が密生し、葉柄に翼のある長い葉をもつのが特徴です。下段画像から唇弁基部の紫条と側弁基部の白毛がよく見えます。
上段の画像は草地の群生、2〜4段目の画像は舗装道路の隅に生えている株です。代表的株は草高11cm、最も長い葉は11.5cm(柄3.5cm+葉身8.0cm)、花は直径が3cmです。
スミレは雑木林などにも自生していますが、歩道の隅や住宅団地の草地状空地などの人間臭い場所で多く見られます。
back next list home flora