コスミレ 陽地の春の開花植物

 

梅園の群生 00年4月9日
 
道路の隅に生えるコスミレの一タイプ 11年4月17日
生垣の下に生えるコスミレの一タイプ 10年4月1日 
花壇 等に生えるコスミレの一タイプ 05年4月8日
 

側弁に少し白い毛が見えます 14年4月8日
 
 科 属 名
スミレ科スミレ属
 学    名
Viola japonica Langsd.
日本と世界の分布
北海道西南部〜九州、朝鮮南部
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
市街地、家の周り、草地状空地、梅園、雑木林など
   開  花  期
3月〜4月
 身近な類似種
アカネスミレアメリカスミレサイシンアリアケスミレスミレノジスミレヒメスミレ
 メ      モ
地上茎がないスミレの一つで、開花期の高さは10cm内外です。植物体が小さい割には大きな花を咲かせます。
2段目の画像は高さ9cm、花径が縦2.4cm、横2.2cm。左右に張り出している花弁を側弁といいます。コスミレは側弁の内側基部 の白い毛が無いものが多いのですが、下段画像の株は少しあるのが見えます。 またコスミレは変異が大きいとされています。確かに2〜4段目の画像のように同じ種類とは思えない葉や花の色の違いがあります。
スミレに比べ小さいという意味でコスミレと名付けられたそうですが、必ずしも小型のスミレではありません。花が終わった後に大きな葉がでて、かなり大株に生長します。自生場所はアリアケスミレスミレノジスミレヒメスミレのように舗装路の歩道の隅や庭園など人里に生えますが、アカネスミレケマルバスミレのように雑木林にも自生しています。また晩秋の開花も時折、見かけます。
back next list home flora