スズメノヤリ 陽地の春の開花植物

 

草地の群生 11年4月7日
 
一株状態 07年3月28日
頭状花序 同左 
 
 科 属 名
イグサ科スズメノヤリ属
   別    名
スズメノヒエ、シバイモ
 学    名
Luzula capitata (Miq.) Miq.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、朝鮮・中国・千島・樺太・シベリア東部・カムチャッカ
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
公園の芝生、道ばた、空地、土手など 
   開  花  期
3〜5月 
 メ      モ
草高10〜30cm、長い白毛で被われたイグサ科の多年生植物。茎の先に小さな花が集まり赤褐色の球状の頭花を咲かせます。
画像は草地状の空地に集団で発生している状態で、最大草高が約10cm、頭花の直径は1cmあまり。コウボウと同じように道ばた、空地、土手など日当りのよい乾いた所に多く発生しています。
11年4月6日に上段の画像を追加しました。
back next list home flora