ヒゴスミレ 陽地の春の開花植物

 

舗装路の隅で花を咲かせているヒゴスミレ 06年3月5日
 
同上果実をつけているヒゴスミレ 08年4月4日
 
 科 属 名
スミレ科スミレ属
 学    名
Viola chaerophylloides (Regel) W.Becher var. sieboldiana (Maxim.) Makino
日本と世界の分布
本州〜九州
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
山地の日当たりのよい草原など
   開  花  期
3〜4月
 身近な類似種
 
 メ      モ
分布範囲は本州から九州ですが、秋田県男鹿半島が北限で、東北地方では少なく、本州中部から鹿児島県が中心です(山と渓谷社1996:日本のスミレ;160頁)。本県には分布しませんが、栽培品が逸出し、画像のように住宅地の舗装路の隅に生えています。
地上茎のないスミレで、画像のように羽状に細く切れ込んだ葉が特徴です。3全裂し、側小葉はさらに2全裂します。この株は生育場所が日だまりのため、花 は3月に咲きます。側弁は有毛で、唇弁には上段の画像のような紫色の条があり、距は太く短く、長さ5mmほどです。
back next list home flora