アツバスミレ 陽地の春の開花植物

 

舗装路のすみ  09年4月11日 
 
同上
 科 属 名
スミレ科スミレ属
 学    名
Viola mandshurica W.Becker var. triangularis Mizushima
日本と世界の分布
伊豆七島・千葉県南部から屋久島・種子島の太平洋沿岸
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
自生地では海岸の草地や岩隙に生えるが当地では市街地
   開  花  期
3〜4月
 身近な類似種
アメリカスミレサイシンアリアケスミレコスミレヒゴスミレヒメスミレ
 メ      モ
栽培種が逸出し、住宅地周辺の舗装路の割れ目に最近目立ってきたスミレです。アメリカスミレサイシンやヒゴスミレと同じような経過を辿って野生化したものと思われますが、今後、定着してふえるかどうかは分かりません。
アツバスミレはスミレの海岸型で、伊豆七島・千葉県南部から屋久島・種子島の太平洋側に自生しています。ここのタイプは画像のように葉の表面の光沢が目立ち、花弁は白地に紫色のすじがあり、側弁基部は有毛です。
back next list home flora